さすらいの文具&雑貨愛好家

JonとCalmによるブログ。記事の内容は主に文房具や雑貨、時々お酒の話になったりと、取り留めもなくやってます。共通の趣味、興味のある方大歓迎です‼

Seed - Gold消しゴム

 

皆さん、お久しぶりです。

1週間ほどブログの更新をできない状況でしたが、一応学校の方もひと段落つき、夏休みに入りましたので今後は以前同様に定期的に記事を更新していきます。

これからもどうぞ宜しくお願いします。 

 

さて、約1週間ぶりの記事ですが自分の文章力が落ちていないか若干心配です(笑)

8月最初の記事はSeed製の消しゴムについて紹介します。

Seed社と聞いてピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、日本の会社です。

f:id:hourjune:20160806230818j:image

 今回紹介する消しゴム。なんと化粧箱に入っております(笑)

普通の消しゴムはビニールの包装だけかと思いますが、この消しゴムは同社の最上級グレードの消しゴムで、包装にもこだわっています。最上級なだけあって、お値段も最上級。

普通の消しゴムはこのサイズだと100円いかないくらいかと思いますが、これは500円します(笑)

この消しゴム一つで一般的なものが5つくらい買えてしまうんですね…

 

f:id:hourjune:20160806230839j:image

箱を開けるとこんな感じ。持ち手は金属製のスリーブでできていて、高級感があります。

まさかこの化粧箱の中に消しゴムだなんて、知らない人は想像もできないでしょう。

なお、この消しゴムの素材ですがなんと天然ゴムの配合生地を使用しています。

一般的なものは確かプラスチックだったと思います。素材にもこだわって作られているんですね。

 

f:id:hourjune:20160806230845j:image

こちらは化粧箱の中に消しゴムと一緒に入っている説明書?みたいなものです。

注意書きのところに、金属スリーブ・字消しの傷や劣化を防ぐためにも使わない時には、個装箱に入れるようにしてくださいと書いてあります。

いいものを使うにはそれなりの配慮が必要というわけですね。

 

f:id:hourjune:20160806231544j:image

これは本体の金属スリーブを取ったところ。この写真でお分かり頂けると思いますが、上部とスリーブで覆われているところの色が違います。というのも、天然ゴムでできているので日常で使っていると段々日焼けするんです。それこそ、今の時期ビーチに持って行ったら真っ黒になるかもしれないですね(笑)

また、消しゴム自体にもブランド名や商品の名前が書かれています。文房具好きな僕にとってはこういう見えないところのこだわりも好きです。

使用に際して全く機能がなくてもこういう細かいこだわりがある商品は持っていてとてもワクワクします♪

 

 

f:id:hourjune:20160806232454j:image

消す時の感覚は普通のプラスチックの物とはかなり異なります。何というか紙にしっとりなじむ感じ。

消している時に心地よさすら感じるほどです。時の消し具合も特に問題なく、綺麗に消すことができます。

 

f:id:hourjune:20160806230852j:image

最後にノートとペンを並べた感じです。消しゴムの存在感がとても強いです…

何だか消しゴムの王様みたいですね(笑)

よくこの消しゴムの口コミを見ていると、「趣味の文具で素材も天然ゴムだから消し味はよくない」と書かれていますが、よほど筆圧が強くて濃い字を書かない限りは普通に綺麗に消すことができます。

まぁ、僕的には趣味で持つ消しゴムだからこそ、そういう欠点があってもいいんでないかとも思ってしまうわけですが…

 

今回はSeed社製のスーパーゴールド消しゴム紹介しました。

普段消しゴムなんてあまりこだわらないと思いますが、ちょっとしたプレゼントや話のネタとして使うのもアリかなとは思います。ですが一個あたり500円で且つ消耗品ということを考えると普段使いするにはコスパは悪いですね…

何か特別な時にプレゼントとして買ったり、原稿に本気で取り組む時の勢い付けとして使うのがいいかと思います。

気になる方は是非この消しゴムを試してみてください‼︎ 

シード 高品質消しゴム スーパーゴールド ER-M01

シード 高品質消しゴム スーパーゴールド ER-M01

 

 

記事を気に入っていただけたらクリック宜しくお願いします!

↓↓

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村