さすらいの文具&雑貨愛好家

記事の内容は主に文房具や雑貨、時々お酒の話になったりと、取り留めもなくやってます。共通の趣味、興味のある方大歓迎です‼

30周年記念モデルはモダンな美しさ‼︎ - トンボzoom707

 

 みなさんこんにちは。

そろそろハロウィンがやってきますね‼︎

日本ではハロウィンの正式な日にちや、理由は気にされませんが、本来は10月末日がハロウィンの日のようです。

11月1日の万聖節の前夜祭として行うのがハロウィンだそうです。

 

ちなみに私はドライな性格なのでこういった行事は大っ嫌いです笑

毎年ニュースで東京の交差点の映像が流されますが、「何してんだこいつら」と思いながら眺めています。

私は部屋で自分の趣味を楽しむ方がいいです。

f:id:hourjune:20161022145415j:image

 今日紹介するのはトンボのzoom707です。

一昨日、ある方のブログを読んでいたらついつい欲しくなってしまい、気が付いたらポチってました笑

昨日届いたので早速レビューしたいと思います。

 

f:id:hourjune:20161022145433j:image

箱に入った状態です。

30周年のリミテッドエディションということで、箱にもでかでかと30thと書いてあります。

 右の文章にはzoomシリーズの簡単な歴史と商品の説明が簡単に書かれています。

 

f:id:hourjune:20161022145439j:image

 シャーペン本体。

リミテッドエディションというだけあり、シンプルながらも上品さをまとった素晴らしい一本です。

 

グリップ部分はマットシルバーで、ノック部分とクリップ先端以外の部分は鏡面仕上げのシルバーとなっています。

シルバーで統一された本体に黒いパーツが映えます。

 

f:id:hourjune:20161022145448j:image

クリップ横には 30th limited edition と書かれています。

鏡面仕上げのシルバーに黒字で書かれたこの特別感ある文章、たまりませんね~ 

 

f:id:hourjune:20161022145511j:image

 反対側には Zoom707 Tombow Japan と書かれています。

ノック部分とクリップの先の球は黒色です。

 

f:id:hourjune:20161022150055j:image

持った時の第一印象はとにかく細くて軽い‼

持っていることを忘れてしまうほど軽いです。

細いけれども握り心地は良いという、なんとも不思議な感覚です。

 

恥ずかしながら私はこれまで舶来品にしか目がなかったので日本製のシャーペンは高校卒業以来一度も買っていませんでした。

今回これを入手して、日本製の良さを改めて実感しました。 

 

f:id:hourjune:20161022150059j:image

 最近習得した筆記体を書いてみました。

書き心地は舶来の太い軸になれてしまっていたのもあり、少し書きにくかったですが、しばらく使えば慣れそうです。

手帳用にするのが一番ベストかなと思いました。

 

今回はトンボのzoom707、30周年リミテッドエディションを紹介しました。

店頭で何度か通常版のモデルも見たことがありますが、30thモデルはそれよりもはるかにかっこいいと思います。

ですが、価格が通常モデルの約2倍するので少し高いです。

 

zoom505の方と悩む方もいるかもしれませんが、正直好みの問題だと思います。

私はシンプルながらも美しいデザイン、形の707をおすすめします。

参考までにツイッターで得た投票結果も載せておきます。

f:id:hourjune:20161022160200j:image

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 現在、人気ブログランキングに参加しています。

もしよかったら下のバナーを押してください‼

↓↓


文房具 ブログランキングへ