さすらいの文具&雑貨愛好家

JonとCalmによるブログ。記事の内容は主に文房具や雑貨、時々お酒の話になったりと、取り留めもなくやってます。共通の趣味、興味のある方大歓迎です‼

カランダッシュ-849 Original ボールペン

 

皆さんこんにちは。

土日でテレビニュースがあまりないので何かニュースがないかとネットサーフィンをしていたんですが、どうやらドイツのミュンヘンで銃乱射事件があったようですね...

今のところテロなのかはよく分かっていないようですが、世界中至る所で物騒なことが起こっていますね 。

トルコでもクーデターがあったし、バングラデシュでも人質殺害があったし...

今年の夏海外旅行をする方は気を付けて旅をしてくださいね!

 

今回はラミーではなく、カランダッシュのボールペンを紹介したいと思います。

f:id:hourjune:20160723173552j:image

 これまで連続でアルスターを紹介していましたが、さすがに同じものを連続で紹介しても面白くないと思い、この記事を挟みました笑

 

今回のボールペンはカランダッシュの849というボールペンなのですが、普通のものとは違い Original です。何がどう違うのか見ていきましょう。 

 

f:id:hourjune:20160723173555j:image

まず、商品が入っている缶ケースです。普通のモデルだとケースはプラスチック製のものなのですが、限定品というだけあって特別感のある缶ケース仕様となっています。 

 

f:id:hourjune:20160723173558j:image

缶ケースの中はこのようになっています。

プロダクトストーリーが英語の文が書かれており、その下にボールペンが入っています。また、ボールペンが浮き上がるように缶ケースが作られており、ケースにもこだわりが感じられます。

ボトルインクの時もそうでしたが、カランダッシュは製品本体以外にもデザインにこだわっていてとてもこだわりが強いメーカーだと感じます。 

 

f:id:hourjune:20160723173602j:image

これが本体をアップで撮影した写真。

この849 Original が他と異なるのはボールペン全体にエージング加工がなされており、ビンテージ感があふれているということです。

本体はまるで金属を特殊加工したかのような不思議なカラー、質感をしています。

また、クリップとノックボタンも特殊な加工がされているため、触った感じも普通のものとは異なります。

 

f:id:hourjune:20160723173604j:image

これは本体を分解したところ。

パーツ自体は他と変わりません。ペン軸にはもちろん、カランダッシュの傑作であるゴリアテカートリッジが入っています。このカートリッジ、何と8000メートルの筆記が可能なんです!

そのうえ、書き味もジェットストリームに負けずとも劣らないレベル。

個人的にはジェットストリームよりもゴリアテの方が好みです。 

 

f:id:hourjune:20160723173623j:image

 これが書いてみた感じ。カートリッジの色は黒と青色があります。

太さに関してはよくわかりませんが、探したら多分字の太さも選べるかと思います。

何といってもゴリアテカートリッジから繰り出される、ぬらぬらした書き心地のインクはたまりませんね。

文房具に興味のない友達に何度過去のボールペンを貸したことがあるのですが、そんな彼でもこの書き心地には驚いていました。

 

今回はカランダッシュのボールペン、849を紹介しました。

このボールペンはクオリティーがとても高いのにもかかわらず、それほど高くないので万人におすすめできるボールペンです。特に、文房具を少しこだわってみたくて、何か一本買ってみたいという方にはお勧めですね。

それと軸のデザインですが、色々なブランドとコラボしたり、何周年記念で限定品を販売したりしています。例えばポールスミスとか...

軸のデザインをたくさんの選択肢から選べるのもうれしいですね!

興味のある方は一度調べてみてください。

  

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事が面白いと思ったら下のバナーをクリックして頂けるとありがたいです!

↓↓

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村