さすらいの文具&雑貨愛好家

記事の内容は主に文房具や雑貨、時々お酒の話になったりと、取り留めもなくやってます。共通の趣味、興味のある方大歓迎です‼

Lamy-アルスター 2013年限定 万年筆

 

こんにちは

昨日からポケモンGOが日本でも解禁となりましたが、皆さんはプレイしていますか?

僕はゲームにあまり興味がなく、流行に乗るのも好きではないのでやっていません。

それに歩きスマホは危険だと思っている派なので…

ポケモンGOで遊んでいる方は周りに気をつけつつ楽しんでくださいね!

 

今回は以前のカランダッシュの記事の最後に使っていたLAMY-アルスターをそれぞれ一本ずつ紹介したいと思います。今回は2013年限定のオールブラックです。

f:id:hourjune:20160723140420j:image

 この写真はカランダッシュのインクを紹介したときの写真です。

ラミーは毎年アルスターとサファリの両方で限定カラーというものを出しており、僕は好きカラーが出た時に買うようにしています。

右から2013年、2015年、2016年限定のカラーです。(2014年が抜けていることは気にしないでください笑)

 

f:id:hourjune:20160723140557j:image

 この万年筆を購入したのはもう3年も前です。僕がまだ高校生の頃、友達が持っているのを見てとてもカッコいいと思い買いました。

ペン全体が黒のオールブラックってあまり出てこないと思うんですよね。

それこそ、考えようによってはブラックのサファリにブラックのニブを購入してオールブラックにするという方法はありますが、それだとアルスターのアルミならではの高級感や所有する喜びがないんですね...

それに、最近知ったことなんですが、人気のある限定カラーは一年経つと値段が倍以上にもなってしまうようです。去年のカラーのオレンジは現在1万円オーバーしていますからね...(定価は確か5千円くらいだったと思います。)

アルスターは買い方によっては安価に手に入れることができるので、限定カラーに限っては欲しいと思ったらすぐにポチるのが賢明だと思います。

 

f:id:hourjune:20160723140612j:image

 私が所有しているのはEFのニブです。ラミーのEFニブはかなり細い、たぶん国産のものよりも少し太いくらいです。なので日記に書き込みをしたり、傾向カラーのインクを入れてマーカー代わりに使っています。値段もそれほど高くないこともあり、ポケットや鞄などにポイッと入れておけるのでかなり便利です。

f:id:hourjune:20160723140621j:image

この万年筆にはコンバーターを装備して、カランダッシュのヒプノティックターコイズを入れて使っています。ラミーのサファリとアルスターはヨーロッパ規格対応ではないので自社製のコンバーターを買う必要があります。

LAMY ラミー 万年筆用 コンバーター LZ24 サファリ アルスター ネックス用 正規輸入品

LAMY ラミー 万年筆用 コンバーター LZ24 サファリ アルスター ネックス用 正規輸入品

 

 

 

f:id:hourjune:20160723141038j:image

 字の太さですが、ポルシェの万年筆のFニブとの比較です。

FニブとEFニブとの比較で申し訳ないですが、こんな感じです。ポルシェのFニブは国産で品でのMくらいなので、ラミーのEFニブは国産だとFくらいになると思います。

 

ラミーの万年筆はよく初心者の方におすすめの万年筆として取り上げられています。

確かに、グリップの部分も握りやすいように工夫していますし、様々なシーンで使うことができる良い万年筆です。

一つ私が初心者の方にお勧めするとすれば、サファリよりもアルスターの方がいいということです。アルスターの方がサファリよりも少し割高ですが、アルスターはアルミでできていて丈夫です。それに、少しでもいいものを買うと大切に使おうという気持ちになりますよね。

なのでアルスターとサファリのどちらかで迷っているのであれば、アルスターにした方がいいと思います。

また機会がある時に2015年と2016年限定のアルスターも紹介したいと思います。

 

 最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

もし記事を気に入っていただけたら下のバナーをポチって頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村