さすらいの文具&雑貨愛好家

記事の内容は主に文房具や雑貨、時々お酒の話になったりと、取り留めもなくやってます。共通の趣味、興味のある方大歓迎です‼

ポルシェデザイン 万年筆 P'3110

 

気付けば既に7月も残り1週間と少し。

最近やたらと時間の進み方が早く感じるようになり、まだ世間的には若い年齢ではあるものの年を取っていることを実感する今日この頃…

 

さて、今回は先日ヤフオクで落札したポルシェデザインのP’3110という万年筆を紹介しようと思う。

f:id:hourjune:20160720192613j:image  

 

これがその万年筆。

この万年筆は0.22ミリのステンレススチールを束ねて織った軸でできていて、耐久性がとても強いらしい。この技術はテックフレックスと言われていて、ポルシェ車のエンジンルームの保護や医療現場でも利用されているほどのハイテク技術のようだ。この軸の部分はファーバーカステルとの共同開発だというのだからかなりのこだわりようである。

 

f:id:hourjune:20160720193154j:image

軸の部分の拡大写真である。金と銀の束が美しく折り重なっている。

この金色の部分は14金でできており、なんともゴージャスな仕様になっている。落札する際にこの金の部分が派手すぎるかなとも思ったが、実物はほんの少しくすんでいて、逆にこの金色が渋い高級感を醸し出している。

 

 

 

 ちなみに今回入手したこの万年筆だが、今では廃盤になっており、入手が難しくなっているようだ。現在は全体が銀色のバージョンで、定価もこの金色の入ったものよりも少し安いようだ。手に入れたいという方はヤフオクで探してみたり、海外のサイトを探してみるのもいいだろう。(海外のサイトで見たところ、700ドルほどしていたのでかなり高価である…)

 

f:id:hourjune:20160720194434j:image

ペン先は18金だが、ロジウムコーティングされており、銀色である。あえてここを金色にしないところにポルシェの美意識を感じる。デザインもsimple is bestを体現したかのようなデザイン。

あまり詳しくはないのだが、もしかしてポルシェもバウハウスの思想を受け継いでいるのだろうか?

 

f:id:hourjune:20160720200438j:image

ニブはFだが、時の太さは国産のMくらいあると思われる。(字が汚いことはスルーしてください笑)

手帳など、細かい字を書くのには向かないが、ちょっとしたメモや日記を書くのには丁度いい太さだ。

書き味も文句無しである。柔らかすぎず固すぎない、程よい滑らかさだ。

 

f:id:hourjune:20160720200642j:image

このようにノートにおいているだけでもかなりの存在感だ。

しかし、両端が丸みを帯びているためか、威圧的な存在感はなく、自然と周りに溶け込んでしまうとてもデザイン性の高い一本であると思う。

 

最後に写真と一緒に説明できなかった仕様だが、キャップはネジ式で、インクはカートリッジ・コンバーター両方使用可能である。(最初に付属しているコンバーターファーバーカステル製だが、ヨーロッパ規格なのでペリカン等のコンバーターも使用可能)

キャップは軸尻につけることはできるものの、重心が後ろに重くなりすぎるのでオススメはできない。

 

ここまで色々書いたが、とてもいい万年筆であるといえる。

一般的に万年筆と言えばモンブランペリカンと言われがちだが、あえてこの万年筆を選ぶのはとてもいい選択であると思う。

人と違うものがいい、金属製の軸に興味があるという人にもオススメである。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事を気に入っていただけたら下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです!↓↓

 

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村